御殿場西高等学校 空手道部

世界大会銅メダル獲得!

 

銅メダルに輝いた高塚選手
銅メダルに輝いた高塚選手

 第6回世界ジュニア&カデット・アンダー21空手道選手権大会が11月12日~15日モロッコ、ラバト市で開催されました。日本代表選手として本校2年の高塚啓介と金子悠里の2名が出場しました。結果は金子悠里は惜しくも3位決定戦で敗れ、メダル獲得はなりませんでしたが、高塚啓介が第3位入賞を果たしました。大会には83カ国が参加、高塚選手は個人組手55キロ級に出場しました。45カ国の代表選手によるトーナメントで4回戦を突破。準決勝でイギリスの選手に延長戦の末、惜敗したが、3位決定戦でスペイン代表を破りメダルを手にしました。高塚選手は「今回自分にとってとても貴重な体験をさせていただきました。応援してくださった方々のおかげでメダルを勝ち取れました。この経験を生かし、次は最高の仲間達と全国制覇を目指したい。」と語りました。

Scroll Up