御殿場西高等学校 空手道部

全国選抜大会・追記・女子団体組手16年ぶりの制覇。

全国選抜大会・追記・女子団体組手16年ぶりの制覇。
全国制覇した御殿場西

優勝した女子団体組手チーム1回戦はシード。2回戦、沖縄のコザ高校と対戦。対戦スコア4対1で勝利し、一日目終了。

二日目、朝一番の試合となった3回戦。対するは、関東チャンピオン光明学園相模原高校。高校生ながら全日本空手道連盟強化選手が在籍する強豪校にどう勝つか?

先鋒負け、次鋒負け、後が無い中堅戦で主将金子が一気に流れを変えた。副将茂木も1年生ながら元気一杯の組手で辛くも勝利し、これで2対2のイーブンに。大将は藁科。「仲間の為に一勝を」藁科は気迫のある落ち着いた組手で勝利し、結果3対2の僅差で第1の関門を突破した。

喜びもつかの間、すぐに準々決勝。相手は近畿の強豪、兵庫の夙川学院高校。このチームは今大会優勝に一番近いと言われていたすばらしいチーム。勝負だ。

先鋒横山引き分け、次鋒豊泉引き分け、中堅金子が勝利、副将茂木が負け、大将藁科が引き分け。1対1のポイント差で大接戦をものにし、勝利しました。

試合後、過去にない程の厳しい戦いをしてきた生徒達の顔を見ると、早くも目が輝き、次の目標に気持ちが向いていた。生徒たちの目標はあくまで「全国制覇」。夢はまだ終わっていない。

気持ちを切り替え、準決勝の千葉県柏日体高校と対戦、勢いに乗り、4対1で勝利する。

そしてついにこの時が来た。女子団体組手決勝戦。決勝コートで名前が呼ばれる。

正面に礼、お互いに礼。

相手は昨年のインターハイを制した京都の華頂女子高校。先鋒金子が着実に得点を重ね、無駄な失点を与えない戦いで勝利し、先鋒の役目をしっかり果たしてくれた。次鋒豊泉が0-3の劣勢から終了間際に放った上段回し蹴りで同点に追いつき、引き分け。中堅の横山がしぶとく勝負し、最後まで諦めず攻めの姿勢を貫き引き分けに持ち込んだ。続く副将の藁科が乗りに乗ってポイントを重ね勝利した。大将茂木は負けたが、結果2対1で優勝を決めた。

全てが終わった時、選手達や観客席にいる仲間、保護者の方々、みんな泣いて笑って喜んでいた。皆で掴んだ優勝。応援して下さった全ての方々、ここまで必死になって一緒に戦ってくれた仲間達、毎日熱心に指導してくれた先生方、どんなことがあっても温かく見守ってくれ、支えてくれた親、今まで伝統を築いてくれた偉大な先輩方に感謝し、これからの大会も戦い抜きます。生徒たちの次の目標はインターハイ優勝。まずは5月に開催される県高校総体に気持ちが向いている。

全国選抜大会・追記・女子団体組手16年ぶりの制覇。
笑顔でやったぞ。
全国選抜大会・追記・女子団体組手16年ぶりの制覇。
インタビューを受ける選手達
Scroll Up