御殿場西高等学校 空手道部

全国高校総体団体戦3位入賞!

dscf0904
大会会場

 

平成23年度全国高校総体空手道競技が7月30日~8月2日まで青森県十和田市、十和田市総合体育センターにて行われました。

まず、30日の開会式にて本校空手道部が 25年連続 出場校として表彰されました。すばらしい立派な盾をいただきました。感謝です。

dscf0927
25年連続出場の盾

大会結果はチーム全員の力を合わせて男子団体組手の部で 第3位 入賞しました。応援して下さった保護者の方々、関係者の皆さま本当にありがとうございました。感謝申し上げます。

<表彰を受ける選手たち>

dscf3416

dscf0918
チームワークの御西

男子団体組手入賞のメンバーです。

山本智哉(3年)主将 秋山龍一(3年)副主将 杉山侑史(3年) 五明宏樹(3年)

伊藤広矢(2年) 田坂叡史(2年) 小野田守徒(2年)

賞状とメダルが授与されました。

dscf0924

男子団体組手は今大会激戦ブロックに入りました。どこまでこのチームで戦えるか?

「一戦一戦を大切に」「1ポイントを大切に集中していこう。」を合言葉に試合に挑みました。

大会初日から厳しい戦いが繰り広げられました。一回戦の相手は北信越の強豪、松商学園高校(長野)。これをスコア2対0で勝利し、大会第2日目に繋げました。

大会第2日目では二回戦 明徳義塾(高知)と対戦。自分達の組手を貫き、5対0で勝利し3回戦へ。2日目の最終試合。相手は昨年度の準優勝校、県立佐世保北高校(長崎)との戦いは、一進一退の攻防を繰り広げ3対2で何とか競り勝ち大会最終日に繋げました。

大会3日目、四回戦では、近畿の強豪大阪浪速高校。先鋒 杉山侑史が引き分け、次鋒 小野田守徒も引き分け、中堅 田坂叡史これも引き分け。何とか流れを変えたい副将戦、秋山龍一が終了間際に倒して3ポイントを決め終盤相手選手の猛攻を逃げ切り辛くも勝利した。そこで大将 山本智哉が相手校大将の選手をきっちり引き分けに持ち込み対戦スコア1勝4引き分けの大接戦で何とか勝利をものにできました。本当の意味で全員空手が貫けた戦いでした。

気持ちを切り替えて臨んだ準決勝戦。相手は世田谷学園高校。

これも先鋒 小野田守徒が月井選手に1ポイント差で競り勝ち、次鋒 杉山侑史が小原選手に引き分け、中堅 山本智哉が鳴島選手に負け、副将 田坂叡史が和仁屋選手に引き分け、勝負は大将秋山龍一にゆだねられた。

相手は杉山選手。勝てば勝利。引き分けでは内容で負け。

序盤2対0とリードしていた秋山だったが、中盤杉山選手の猛攻を止められず、2対2に追いつかれた。

終盤果敢に攻め続けるが無情にも時間切れで引き分け。

結果対戦スコア1勝1敗3引き分けの僅差の内容で敗れました。

この大会を通じて、選手たち、そしてチームは「やれば出来る。」事を再確認しました。これからも努力は大切に。必ず成果として出ることを信じて・・・・・・

御殿場西高校空手道部は次の目標に向かって進み始めます。頑張れ空手道部員達。

その他の種目結果です。個人戦においても皆全力で最後まであきらめることなく戦い続けてくれました。立派でした。

男子個人組手 杉山侑史 ベスト16  4回戦敗退 対戦 荒賀慎太郎(京都外大西)

女子個人組手 抜井菜美 2回戦敗退 対戦 渡邊美菜(宮崎第一)

男子個人形   篠崎裕弥 2回戦敗退 対戦 蛭田将暉(敬愛学園) 

以上の結果です。

<大会会場にて>

dscf0922
明るく元気な女子チーム
dscf0910
アップリート君と一緒に
Scroll Up