御殿場西高等学校 空手道部

桃太郎杯

 

表彰式にて
表彰式にて

 「第24回桃太郎杯全国高等学校空手道錬成大会」が1月5日~6日まで岡山県体育館(桃太郎アリーナ)にて行われました。この大会は新チームとして臨む初めての全国規模の大会である。また、自由参加なので北は北海道から南は沖縄まで参加校、参加選手が大変に多く、勝ち上がるのにも非常に至難の大会でもあります。5日は本大会(団体・個人)6日は1年生大会(団体・個人)が行われ各学校気合のこもった熱戦が展開されました。御殿場西高校は6日に行われた1年生大会で男子団体組手で第3位。女子個人組手で抜井菜美が準優勝しました。

 本大会では男子団体組手は2回戦で首里高校(沖縄)3回戦で横浜創学館(神奈川)に勝利したが、4回戦で伝統校宮崎第一高校(宮崎)に敗れました。女子団体組手は1回戦瓊浦(長崎)2回戦で東灘(兵庫)3回戦では、強豪日本航空(山梨)との対戦で勝利。しかし4回戦で宮崎第一高校(宮崎)に健闘しましたが敗れました。

 男子個人組手は杉山侑史6回戦、小野田守徒5回戦、伊藤広矢5回戦進出。秋山龍一初戦敗退。女子個人組手は茂木ゆりかが5回戦、抜井菜美が5回戦、勝亦若菜が2回戦進出。石田眞美が初戦敗退という結果となりました。

 1年生大会では男子団体組手は1回戦瓊浦(長崎)2回戦日本航空(山梨)3回戦文徳(熊本)4回戦横浜創学館(神奈川)に勝利し、準決勝へ。相手は強豪浪速高校(大阪)。選手達は善戦しましたが、スコア2対3で敗れました。女子は1回戦帝京(東京)に勝利しましたが、続く嵯峨野(京都)に接戦で敗れました。

 個人戦では男子は田坂叡史が4回戦、八木裕平が4回戦にそれぞれ進出。女子個人組手は抜井菜美が強豪選手を次々と倒し決勝戦へ。決勝では宮崎第一高校の選手に敗れ準優勝。福井晴香は4回戦まで進出しました。

cimg1563
準優勝した抜井(左から2番目)

 今大会全ての選手部員達が最後まで諦めることなく一生懸命戦ってくれました。とても為になる経験をさせてもらい課題が多く見つかりました。今後の選手達の成長を期待しています。関係の皆様、応援ありがとうございました。

Scroll Up